男性に人気の青汁ランキング

男性に人気の青汁ランキング

健康意識の高い男性に人気のある、おすすめの青汁はどれ!?

青汁が登場した頃は男性的な飲み物の印象が強かった青汁ですが、現在は老若男女問わず幅広い世代から青汁は人気があります。そこで、改めて男性にフォーカスした「これを飲んでおけば間違いない!」という青汁を厳選してランキング形式で紹介します!

以前よりも商品ごとの特徴がハッキリしてきた感のある青汁ですが、世の中の健康志向の強い男性にはどれが人気で、どれがおすすめなのか?これから青汁生活を始めるという男性の方は、ぜひ参考にして下さいね。

 

ソムリエが選んだ青汁を発表します!

それでは、日本一青汁を飲み比べた主婦という自負のある管理人が厳選した「男性に人気のおすすめ青汁ランキング」を発表します!

 

ranking_suntory - image

ranking_suntory - image

成分10 飲みやすさ10 価格8 信頼感10 特典9

ranking_star50 - image

ranking_star50 - image

 

 総合ランキングでもNo.1に輝く『サントリー極の青汁』!やはりというか、健康志向が特に高まる世代の男性からも圧倒的支持を受けています。私のダンナ(アラフォー)も「やっぱりサントリーの青汁が一番好きかな」って言ってるし、この人気はしばらく続きそうな気がします。

⇒ 詳細レビューはこちら!

suntory_link_official - image

 

ranking_taisho - image

ranking_taisho - image

 

成分9 飲みやすさ8 価格7 信頼感9 特典8

ranking_star45 - image

ranking_star45 - image

 

特に40~60代の男性から人気で、血糖値が気になる男性から選ばれているのがこの青汁です。やっぱりトクホ認定は強い!ターゲットとなる方が限定されていますが、逆にそれが強みとなって根強い人気がある商品です。「自分もそろそろ血糖値が…」という方はぜひ!

⇒ 詳細レビューはこちら!

taisho_link_official - image

 

ranking_hoconico - image

ranking_hoconico - image

成分10 飲みやすさ8 価格9 信頼感10 特典9

ranking_star50 - image

ranking_star50 - image

 

酵素入り青汁の人気No.1に君臨する『ホコニコのこだわり酵素青汁』ですが、意外(?)と男性からも人気が高いのが特徴。個人的に「酵素」といったら女性なイメージだったんですが、健康を求める方なら性別は関係ないですよね。買いやすく、おすすめの逸品です!

⇒ 詳細レビューはこちら!

hoconico_link_official - image

 

 

男性が青汁に求めるものとは?

日本人は、アメリカ人よりも野菜の消費量が少ない傾向にあります。イタリアやフランスなどにも野菜の摂取量が抜かれている状態にあります。厚生労働省では、野菜を1日に350g以上食べることを推奨しています。そして、350gのうちの120g以上は緑黄色野菜を摂るように提唱しています。

しかし、実際には野菜は292g程度しか摂れていません。緑黄色野菜にいたっては、僅か99gしか摂れていません。全ての年代で野菜不足が不足している中、青汁を飲んで、野菜不足をしっかり補いたいですよね。

そして、男性の場合は年齢が高くなる毎に、健康診断での異常値のサイン、生活習慣病などが気になってきます。しかし、働き盛りの男性は、運動不足になりがちです。しかも、仕事の付き合いでお酒を飲む機会も多く、生活が不規則になりやすいですよね。そうなると、不眠や抜け毛、食生活の乱れなどといった問題が出てきます。

毎日、忙しい男性にとって、手軽に健康管理ができる青汁の存在はとても大きなものとなります。

 

原材料となる青菜の種類によって期待できる効果は違う!

大麦若葉には、脂肪燃焼、コレステロール値の抑制、整腸作用などがあります。毎日飲むことによって、気になる生活習慣病を改善することができるのです。また、ストレスで下痢になりやすい男性が大麦若葉の青汁を飲むと、その整腸作用によって下痢を改善し、腸内環境を整えることができます。

そして、桑の葉には血糖値を改善する効果があります。血糖値が正常になると、血圧も下がり内臓脂肪も付きにくくなるなどの効果があります。桑の葉は、コレステロールが高い人や中性脂肪が溜まっている人にも効果があります。それに、桑の葉は、悪玉コレステロールが血管に付着して、血液がドロドロになるのも防いでくれます。

油は油で落とすという考え方があるように、コレステロールを下げるために青魚を食べると良いと言われていまが、桑の葉にも、青魚に匹敵するくらいの効果があります。特に、食事中に桑の葉の青汁を飲むと血糖値の上昇を抑える効果も得られるので、手軽に健康管理することができます。

ケールも、ビタミン、ミネラル、カロテノイドなどを豊富に含み、非常に栄養価の高い野菜です。ケールも血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールの増加を抑えるといった働きをします。それだけでなく、眼精疲労を改善したり、睡眠の質を改善する効果も期待できます。

 

男性の生活習慣病は女性の3倍!?

生活習慣病とは、長年の生活習慣が原因となって主に40歳~50歳以降に増えてくる病気です。具体的には、高血圧症、糖尿病、脂質異常症などが該当する病気となります。

50歳代以降の方では、全体の人口の約半数の方がいずれかの生活習慣病を持っています。原因は、食生活の欧米化や、運動量の低下が背景にあると考えられています。

因みに、成人病は年齢を主体にした区分けによる呼び方で、40歳代以降の働き盛りの男性に多い病気です。例えば、ガン、脳卒中、心臓病が代表的な成人病と言われています。こうした成人病の背景には、生活習慣病が深く関係しています。高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙も大きく影響しています。

それから喫煙は、ガンのリスクを上げ、動脈硬化を悪化させ、心臓の血管を収縮させるなど多くの弊害があります。また、メタボリック症候群は、生活習慣病に肥満が合併した状態を言います。

実際に肥満は、糖尿病や高コレステロール血症の重要な因子となっています。肥満の判定については、身長と体重を用いたボディマスインデックス(BMI)が用いられていましたが、最近は腹囲を参考にするようになっています。男性の場合は、腹囲85cmがメタボリック症候群であるとされています。

男性は、仕事の付き合いなどで外でお酒を飲む機会が多いですし、お酒を飲むとつい食べ過ぎてしまうといったこともあります。40代以下の男性では、コレステロール値が高い人や高脂血症の人が多く見られます。しかし、50代以上になると、糖尿病の人が圧倒的に多くなります。やはり、40代で無理をした結果が尾を引き、生活習慣病に繋がってきてしまうのです。

また、50代以降になると男性ホルモンの乱れも出てきますので、前立腺肥大症、泌尿器疾患の人も多くなります。

女性は、エストロゲンというホルモンの働きで、生活習慣病になりにくいという特徴があり、加齢によってエストロゲン量が減少すると女性も徐々に生活習慣病を発症しやすくなります。しかし、男性の場合は、飲酒、喫煙、仕事のストレスなどが生活習慣病の原因となっています。

特に、男性は内臓に脂肪が付きやすくなると、アディポサイトカインという物質の分泌に異常をきたし、動脈硬化、高脂血症、血栓症、糖尿病などは、女性の3倍以上発症しやすいと言われています。

 

特保の青汁も人気です!

特定保健用食品とは、科学的根拠に基づいて健康をサポートするための食品です。特定保健用食品を摂取したからといって、ある特定の疾病が治ったとか改善するといったものではありません。ですから、主食、副菜などバランスのよい食事を摂る中での補助として、上手にトクホを取り入れていきましょう。

もちろん、栄養機能食品と呼ばれているビタミン、ミネラルなどが配合されている青汁も良いのですが、トクホだとより改善したい健康問題にピンポイントで、取り組むことができるのです。

青汁を選ぶ際には出来ることなら、なるべくトクホの認定を受けているものを選びたいと思いませんか。トクホは、栄養機能食品とは異なり、しっかり一定の期間を設けて、被験者にどのような効果があるのか試験をした結果を発表していますので、信憑性も高いのです。また、トクホの青汁は、コレステロール値を下げる、血糖値の上昇を下げるなど、はっきりと自分の目的にあったものがあるのも魅力です。

 

血糖値対策

血糖値が高いと、体に様々な影響を与えます。正常な人の血糖値は、どんなに血糖値が下がっても60くらいまでしか下がらず、上がる時は139までしか上がりません。しかし、糖尿病の人は、上昇するだけでなく下降する幅も非常に広いのです。血液を採血して血糖値を測る血糖検査は、糖尿病の診断の際にも、血糖コントロールを続ける上でも常に基本となる検査です。健康な人の場合、空腹時には、110未満で食後の一番高い時間帯でも140以上にはなりません。

魚を多く食べている人は、魚を食べる量が少ない人よりも血糖値がより下がったという研究結果が出ています。魚には、血液をサラサラにするEPA・DHAなどが多く含まれているからです。また、インスリンが多く出ないように「野菜→たんぱく質→炭水化物」の順番で食べるといいと言われています。野菜を先に食べることによって、血糖値の上昇を緩やかにしたり、脂肪の吸収を抑えることができるからです。

それから、白米を食べる前に肉を食ると、肉の脂質が小腸に吸収されて、インクレチンという消化管ホルモンが放出されます。そして、胃や腸がインクレチンによって、働きがゆっくりになります。このような状態にしてから白米を食べると、糖の吸収がゆっくりとなり、血糖値が緩やかに上昇するのです。

 

食事を抜くと血糖値が上がる?

尚、朝食を抜いて、1日2食しか食べないという人の血糖値は、昼食前に急上昇しています。1日1食の場合は、更に血糖値が急上昇します。しかし、3食食べていると、血糖値が急上昇することなく緩やかな山を作ります。

血糖値対策として、散歩、ストレッチ、掃除、足踏みなど激しくなくていいので、軽い運動を食事の後に細目に行うことも大切です。

 

たんぱく質を積極的に摂取!

晩ご飯を食べてから6時間くらい経つと、血糖値が下がり始めます。血糖値は、上昇するとインスリンが出てきて、血糖値を下げようとします。しかし、血糖値が下がり過ぎると、人間の生命にとっては不都合な状態となります。そのため、人間は生体機能として血糖値を平均値に戻そうとする力があります。

ですが、低血糖になるとこのコントロールが上手く効かないので、下がり過ぎた血糖値を勢いよく上げてしまおうと働きます。こういった状態を避けるために、晩ご飯にたんぱく質をしっかりと食べることが大切です。

たんぱく質によって、食後の腹持ちが違ってきます。それでも空腹を感じてしまう場合は、食後3時間後くらいに温めた豆乳を1杯飲むとか、チーズを2切れくらい食べるなどして、たんぱく質を追加で補給することをおすすめします。

寝る間際に食べる習慣が付いてしまうと、脂肪が蓄積されやすくなって、肥満の原因になりますし、内臓が活発に働きだすのでぐっすり眠れなくなってしまいますので気を付けましょう。

 

『難消化デキストリン』の働きとは?

トクホ認定されている難消化デキストリンは、トウモロコシやジャガイモなど澱粉質の野菜から作られている水溶性食物繊維です。難消化性デキストリンは、腸の中でゲル状になって、水分を保持してくれる性質があります。そのため、食べたものや老廃物を取り込んで、腸の中を動いて排泄を促すといった整腸作用があります。

それから、難消化性デキストリンは、糖の吸収を緩やかにして、血糖値の上昇を抑える効果もあります。結果として、脂肪の吸収も遅らせることができるのです。また、難消化性デキストリンを食事の前後や食事中に摂取すると、内臓脂肪が減ったという研究結果も出ていますので、内臓脂肪の付きやすい男性にとっては嬉しい成分です。

しかも、ミネラルの吸収を促進する効果までありますので、健康維持や疲労回復、高血圧予防なども期待できます。

難消化性デキストリンが配合されている大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁〈デキストリン〉は、甘い物や炭水化物が大好きな人や、生活が不規則で運動不足を感じている人におすすめの青汁です。国産の農薬を使用していない有機JIS認定の大麦若葉を飲みやすく加工しているので、青汁が苦手な人でも抵抗なく飲むことができます。

 

コレステロール対策

血液検査によるコレステロール値は、標準であれば130~219となります。しかし、要注意とされている220を超えた数値が出てしまった場合は、食事や運動などによってコレステロール値を下げていく必要があります。

コレステロール値を下げるには、動物性脂肪を抑えることが重要なこととなります。因みに、コレステロールは、食べ物からだけでなく肝臓でも作られています。どちらかというと、肝臓で作られているコレステロールの方が多いのです。コレステロール値は、体内で自然に調整されるものなので、過剰に食べるものを意識する必要はありません。しかし、動物性脂肪はなるべく抑えることがポイントとなります。

それから、高コレステロール値は、血圧を高くしてしまいます。高血圧を下げるには、塩分を制限することも大切ですが、糖質を制限することが非常に有効となります。何故、糖質を制限した方がいいのかというと、糖質を摂ると血糖値が上がりインシュリンが分泌され、交感神経が刺激されて血圧が上がるからです。

更に、糖質を摂り続けることによって、内臓脂肪が蓄積されると、腎臓の塩分排出機能が低下します。この二つの症状によって、血圧が上がってしまうのです。

糖質を制限すると、1~2か月で緩やかに血圧が下がってくると言われています。高血圧の治療を受けている人の中には、糖質を制限することで、降圧剤が不要になる人も多くいます。

炭水化物や糖質を摂ると、体内で代謝されてブドウ糖になりエネルギーとして使われます。しかし、運動量が少なく摂取したエネルギーが余りやすいと、中性脂肪に変換されて、皮下脂肪、内臓に脂肪、筋肉内脂肪として蓄積されてしまうのです。これは、炭水化物を食べて3日目で脂肪に変わります。

コレステロール値と血圧を下げることは、ダイエットにも繋がりますし、動脈硬化や心疾患などの合併症を招くことを防げます。

蟹の甲羅などから抽出したキトサンは、グルコサミンが連なったものです。グルコサミンは、プラスに架電している成分なので、食塩と一緒に摂取すると、塩分に吸着して体外に排出します。更にキトサンは、油の分解を阻害し、吸収を抑える働きもしてくれます。

油は、リパーゼという酵素によって分解されますが、分解される過程をキトサンが抑えるのです。しかも、キトサンは、胆汁酸と結合して体外に排出されるのですが、胆汁酸が不足することによって、血液中のコレステロールが肝臓で胆汁酸の合成に使われるのです。

そんなキトサンが配合されている大正製薬のヘルスマネージ 大麦若葉青汁〈キトサン〉は、トクホの青汁です。無農薬の大麦若葉を飲みやすいように、超微粉砕製法という加工で製造しています。

 

糖質制限をしている人が注意すべきこと

最近は某有名ダイエットジムの影響もあって糖質制限をする男性が増えていますが、糖質制限をする上で注意しておくべきことをまとめました。また、そういった場合にも青汁を有効に活用することができますから、すでに糖質制限に取り組んでいる方もこれからやろうとしている方も、ぜひ青汁を使って健康的に実践してみて下さいね。

 

1.糖質制限をすると酔いやすくなる

炭水化物には胃に長く留まる性質がありますが、炭水化物の摂取量を抑えている人の場合は、胃で吸収されず、すぐ小腸で吸収されるので、酔いが早くなります。

また、糖は水分を引き付けやすいのですが、糖質制限をしていると余分な水分が無い分、アルコール濃度が高まりやすくなります。そのため、糖質制限をしている人は、飲酒キャパが体重から9~14kg差し引いたくらいだと言われています。

 

2.糖新生が後回しになる

糖新生とは、たんぱく質と脂質からブドウ糖を作る体の仕組みのことです。アルコールの分解に忙しくなると、糖新生が止まり、翌朝エネルギー不足になりやすくなります。ブドウ糖しかエネルギー源として使うことができない赤血球の影響で、朝から体がだるくなってしまいます。

 

3.栄養が使われてしまう

アルコールを分解するために、ビタミンA・B・C・D・E、葉酸、ビオチン、ナトリウム、カリウム、クロール、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどが使われてしまいます。

蒸留酒は糖質を含まないお酒なので、お酒を飲む場合は、焼酎、ウィスキー、ウォッカ、ジンなどを選ぶようにしましょう。糖質制限をしている人は、焼酎だと120CC、ウイスキーだと45ccを2杯くらいが適量とされています。

少量のお酒でも、青汁で割って飲むことによって飲む量を多くすることができますし、青汁に含まれているビタミン、ミネラルなどによって、アルコールの分解を促進することができます。

ウイスキーに青汁を入れてソーダで割ると、青汁ハイボールになります。レモンを絞ることで、爽やかな飲み口となります。それから、焼酎の青汁割りもスッキリとした飲み口で、ゴクゴク飲めてしまいます。二日酔い防止にもなりますのでおすすめです。

夏場などは、家庭で栽培したミントを使って青汁モヒートを作ったり、アイデア次第で色々な青汁カクテルを作ることができます。酔いを抑えるために、水の代わりに豆乳で割ってみたり、色々試してみて下さいね。

 

男性の妊活に青汁を活用する時代?

最近の不妊の割合を見てみると、ほぼ女性と同率で30%を占めていると言われています。その割合は、増加傾向にあり、男性の妊娠力が低下していることが把握できます。

 

男性の場合、妊娠力をアップさせるには以下の成分が効果的と言われています。

  1. ビタミンC:精子の生成を促し、精子の動きを活発にする。
  2. ビタミンE:男性ホルモンの分泌を活発にする。
  3. 亜鉛:生殖器の機能向上と、精子の運動率をアップさせる。
  4. 鉄:精子の形成を助ける。
  5. セレン:セレンが不足すると精子数が減少し、精子の活動率も低下する。
  6. マンガン:精子の運動性がアップする。
  7. カルシウム:精子の運動に対し促進的に働く。

 

しかし、毎日の食事の中で、上記の栄養を万遍なく摂取することは難しいものです。

妊活で、サプリを飲んだり色々試している人の中には、男性に改善すべき点がある場合、奥さん側がらご主人に言い出せない、という話を聞いたりもします。ですが、妊娠適齢期だったり、体への負担など年齢というタイムリミットがあるのが現実です。健康飲料としてもメジャーで、男女共年齢を問わず人気のある青汁であれば、妊活の一環として飲みやすいと思いませんか。

青汁であれば、プレッシャーもかかりにくいですし、ナイーブな人でも気軽に取り入れることができます。青汁の原料の一つである桑の葉は、元々蚕のエサとして用いられてきました。桑の葉は薬草としても昔から使われてきたように、健康サポートに効果があるとされてきました。

桑の葉には、妊活に必要な亜鉛、鉄、カルシウム、ビタミンEなどが豊富に含まれています。しかも、GABAも豊富に含まれているため、自律神経を安定させて、質の良い睡眠を確保する効果なども期待できます。

青汁を1日2杯を目安に飲むだけで、手軽に妊活と健康改善が期待できますので、仕事が忙しい男性でも続けやすいですよ。

 

この記事を書いた人

7752e1f115ed0ac7ca906af67620cd8e - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!

▲ページトップに戻る