子供に人気の青汁ランキング

子供に人気の青汁ランキング

成長期の子供にとってビタミン、ミネラルは欠かせない栄養素です。ところが、子供に野菜を食べさせようと思ってもなかなか食べてくれません。

野菜には独特の苦み、渋み、アクがあり、大人になってから食べられるようになったという人がほとんどです。中には大人になってからも、野菜をそっと皿の脇におしやって残す人もいるようです。

それでなくても、一日に必要な野菜を食事で摂るには限界があります。それを代わりにやってくれるのが青汁です。子供のうちから野菜の味に慣れさせること、しかも無理なく自然に慣れさせることは、本人にとっても非常に大事なことで、親の役目でもあります。

青汁というと苦いというイメージがあります。バラエティ番組では罰ゲームに使用され、せっかくの健康飲料に悪いイメージがついてしまったことは残念なことですね。

(罰ゲームをさせられて人たちの方が、明らかに健康になっているはずですけど。笑)

そんな青汁の「苦い、まずい、青臭い」という悪いイメージを払拭するのにもってこいの、子供でも飲みやすい青汁があります! ここでは、そんな「子供に人気のおすすめ青汁」をランキング形式で紹介します!

 

ソムリエが選んだ青汁を発表します!

それでは、日本一青汁を飲み比べた主婦という自負のある管理人が厳選した「子供に人気のおすすめ青汁ランキング」を発表します!  

 

ranking_kantenjure - image

ranking_kantenjure - image

成分9 飲みやすさ10 価格7 信頼感10 特典7

ranking_star50 - image

ranking_star50 - image

 

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、実は子供向けの青汁としては「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」が一番のおすすめ!程よい甘さがあるのでおやつ代わりに食べさせられますし、大人も一緒に楽しめるのがポイント。携帯性が高く外出先でもOKで、もちろん栄養も満点です♪

⇒ 詳細レビューはこちら!

kantenjure_link_official - image

 

ranking_kodomo-banana - image

ranking_kodomo-banana - image

成分8 飲みやすさ7 価格5 信頼感8 特典10

ranking_star40 - image

ranking_star40 - image

 

子供向けに作られた青汁ということで、子供に摂って欲しい栄養素がギッシリ!飲み方を少し工夫すれば、ゴクゴク飲んでくれそうです。初回980円で購入できる【元気モニターコース】なら、60日間返金保証も付いてて安心して始められますよ☆

⇒ 詳細レビューはこちら!

kodomo-banana_link_official - image

 

ranking_umi-jelly - image

ranking_umi-jelly - image

成分8 飲みやすさ8 価格8 信頼感8 特典8

ranking_star40 - image

ranking_star40 - image

 

子供でも食べやすいゼリータイプの青汁です。常温だと微妙ですが、冷やせば子供でも食べられる美味しさに!大人には少し青汁感が足りないかも?1位の青汁ジュレほどではないですが、こちらも人気になっています☆

⇒ 詳細レビューはこちら!

umi-jelly_link_official - image

 

 

【参考】野菜不足で起こる子供の健康問題とは?

野菜不足による健康障害は、何も大人だけの問題ではありません!子供が野菜不足になることで起こる可能性のある健康障害には、具体的にどういった症状があるのかチェックしてみましょう。  

キレやすくなる

ranking_for_children_angry - image

近年はキレやすい子供が増えていると言われていますよね。子供に関する悲しいニュースを目にすることも多いのですが、実は野菜不足からキレやすい子供が増えているという話もあるのです。

最近は、食生活が欧米化していますので、子供にとっては嬉しいメニューばかりが食卓に並んで喜んでいるかもしれません。しかし、野菜は脳の発達、体の発達、精神面の安定においても重要な役割を果たしていると言われているのです。

野菜には、他には無い多くの栄養素が含まれているものも多いですから、きちんと意識して摂取する必要があるのです。その中でほとんど野菜を摂取しない状態が続くと、脳や体に必要な栄養素が不足してしまい、様々なトラブルに繋がると言われています。

その1つが“キレる”ということなのですね。

子供が起こした過去の事件において、野菜不足によって体に必要なカルシウムなどの栄養素が不足し、キレやすくなっていたという指摘もありました。

キレると言ってもただ怒るだけであればまだ良いのかもしれませんが、そこから相手を傷付けることにまで発展する可能性も考えられますよね。家族としても子供がキレやすい状態になってしまうと不安に思うことでしょう。

もしそのような状態が続いているのであれば、野菜不足の可能性が考えられますので、なるべく野菜を利用した食事を作るようにしてみてください。野菜は様々なアレンジができますので、子供が食べやすいように、そして楽しめるようにすると良いかもしれませんね。もちろん、子供の健康にも繋がりますよ!

 

身長が伸びない

ranking_for_children_height - image

子供はあっという間に身長が伸び、大きくなりますよね。それを楽しみにしているお母さん、お父さんも多いと思います。しかし、中にはなかなか身長が伸びずに悩んでいるお子さんもいるのではないでしょうか。

実は、野菜不足によってなかなか身長が伸びないこともあるのです。もし、成長期に身長が伸びないのであれば、野菜が不足している可能性がありますので、子供の成長のためにも食生活を変えて、なるべく野菜を多く摂取できるようにしてみて下さいね。

身長に限らず体重もそうですが、成長に必要な栄養が足りないと、どうしても成長しづらくなってしまいます。現代の子供は食事を摂らなかったり、食事の時間がバラバラであったり、お菓子やパンなどで済ませることが増えたりすると、野菜が不足してしまいます。

お腹が満たされれば良いというわけではなく、きちんと成長するためには栄養を補うことが必要なのです。成長期の子供は特に栄養を必要としています。その点を理解した上で、大変だとは思いますが献立を考えてみましょう。

男の子の場合は特に、身長が伸びることを楽しみにしています。もし思うように身長が伸びなければ悩んでしまうこともあるかもしれません。遺伝などの場合は仕方がないとは思いますが、もし野菜不足によって身長が伸びないようであれば、子供のためにもきちんと野菜などから栄養を補うようにしましょう。

もちろん、食事全体のバランスや食事の時間、1日3食きちんと摂取するということも大切ですよ。

 

脳や神経の発達への影響

ranking_for_children_crying - image

脳や神経が発達するにあたり、体に充分な栄養素が存在することは重要です。子供の時には毎日のように成長を感じられるのではないかと思います。毎日新しいことを覚えて、新しいことが出来るようになるものでしょう。

しかし、成長するにあたって最も大切な時期に野菜不足の状態が続くと、体に必要な栄養が不足してしまい、脳や神経が正常に発達しない可能性もあると言われています。

もちろん、そう簡単に発達しなくなるわけではありません。毎日しっかりと野菜を食べられれば最も良いですが、それは難しいことです。

あまり野菜を食べることができなかったという日もあるかもしれませんが、毎日のように野菜を食べずに好きなものばかり食べるという子供も増えているようですね。それでは精神面に大きな影響を受け、最悪の場合は言語障害、脳障害などが起こる場合があります。

野菜が嫌いな子供もいるでしょう。だからと言って食べさせなければ、子供は正常に成長できなくなってしまいます。生活する上でカロリーを消費するものですし、健康維持のためには栄養が欠かせません。

また、脳や神経にトラブルが起こってからでは手遅れになることもあります。子供が食べないから仕方がないと諦めずに、野菜を細かく刻むなどして工夫をしながら、少しでも野菜を克服できるようにしてあげて下さいね。

もしそれが難しいようであれば、子供でも飲みやすい青汁を飲ませてみても良いと思いますよ。特に、脳や神経の発達にはビタミンが重要だと言われていますので、ビタミンを積極的に摂取するようにしましょう。

 

【参考】子供の野菜不足解消法

ranking_for_children_dislike - image

毎日の食事でどんなに気をつけていても、どうしても不足してしまいがちな野菜。特にお子さんを抱えていらっしゃる家庭の場合、野菜をたくさんとれるようにとお母さんがどんなに工夫して調理をしても、お子さん自身が野菜嫌いでなかなか食べてくれないというような場合もよくありますよね…。

かといって子供の野菜不足を放置しておくと、ビタミンやミネラル・食物繊維が体内で不足してしまい、肥満などの生活習慣病や万病のもとといわれる便秘などになってしまう可能性があります。かわいい子供の健康と成長のためには、きちんと野菜不足に対処しなければなりません。

とはいえ、子供は大人のように自分で栄養のバランスを考えた食生活を送れないもの。それに、どんなに細かく刻んだり炒めたりしても、頑として食べないときもありますよね。

そんなときには、青汁を利用することをおすすめします。青汁は牛乳や野菜ジュースに混ぜて飲むことができるほか、カレーなどの料理の中にも混ぜることもできます。しかも栄養価も高く、カロリーも気になりません。最近は子供でも飲みやすい青汁がたくさん販売されているので、お子さんの口に合うものを選んであげるといいですね。

また、子供向けのビタミン強化サプリメントや野菜ジュースなどを活用するのもひとつの方法ですが、中には糖分やカロリーの高いものや栄養価が低いものなどもあります。できるだけ普段の食生活の中で、新鮮な野菜をとるように心がけましょう。

 

野菜ジュースで子供の野菜不足を解決できる!?

ranking_for_children_juice - image

子供の野菜不足を指摘する声に「うちは子供に毎日野菜ジュースを飲ませているから大丈夫!」と答える方は意外と多いもの。確かに「これを飲めば一日分の野菜がとれる」と謳っている野菜ジュースが販売されるなど、野菜ジュースさえ飲んでおけば日々の野菜不足は解消できると思われがちですが、本当に野菜ジュースで必要な野菜量は補えるものなのでしょうか。

実は、市販されている野菜ジュースの多くは「濃縮還元製法」で作られているもの。野菜に一度熱を加えて煮込み、濃縮したり乾燥させて粉にしたものに水を加えて薄める(還元する)方法が採られています。

この方法だときちんと殺菌ができるため、安全性の高い野菜ジュースを作ることが可能になりますが、その反面加熱によってビタミンCなどの栄養分は壊れてしまいます。つまり、生野菜の状態よりも栄養素がグンと減ってしまうのです。

現在、野菜の一日摂取推奨量は350gとされていますが、生野菜を350g摂取するのと、同じ350gの生野菜から作られた野菜ジュースを摂取するのとでは、含まれる栄養素の量がまったく違うということになるのです。最近はビタミンCを添加している野菜ジュースもあるようですが、あくまでも野菜ジュースは健康補助食品程度の栄養素しかないと考えておいた方が良さそうです。

また、野菜ジュースの多くは、糖質やカロリーも高くなっています。野菜ジュースを飲んでいるから野菜を食べなくてもいいというわけではありません。 その点、青汁は野菜の絞り汁なので栄養価が高く、糖質やカロリーも野菜ジュースよりもかなり低いので、子供の野菜不足を補う目的で飲ませるなら、私は野菜ジュースよりも絶対に青汁をおすすめします!  

 

この記事を書いた人

7752e1f115ed0ac7ca906af67620cd8e - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!

▲ページトップに戻る