青汁置き換えダイエット【30日間】体験記!

青汁置き換えダイエット【30日間】体験記!

「青汁を使って、置き換えダイエットをする人が増えている!」

そんな噂を耳にすることが多くなった今日この頃。普段から飲んでいる青汁がダイエットに効果的と聞いては、黙ってはいられません。

 

早速、健康食品である青汁を使って置き換えダイエットに挑戦した私…と言いたいところですが、私は長年青汁を飲み続けているせいか、おかげでお腹まわりもスッキリしてしまって、ダイエットに挑戦するほど太っていないのです。。

 

 

…そこで!

 

 

周りを見渡ば、ちょうど良いモニターがいましたよ。そうです、私のダンナです(笑)

 

アラフォーの私のダンナは、ちょうどよい具合の中年体型。いかにも内臓脂肪が付いていそうなお腹の出っ張り具合です。

before_rinpapa - image

 

ご覧のとおり、ダイエット開始前のダンナのスペックです。

  • 体重:72.9kg
  • 体脂肪率:23.7%

 

致命的ではないけど、もうちょっとなんとかして欲しい…という数値です(笑)

 

もちろんダイエットなので体重はチェックしていきますが、実はそれ以上に重要だと思っているのは“体脂肪率”です。だって、体重落ちても、脂肪が落ちてなかったら意味ないですよね?

(それはつまり、筋肉が落ちているって意味なので。)

 

よく、ダイエットの体験ブログ等で

  • 「体重がマイナス5kgになりました!」
  • 「たった一週間で3kgも痩せました!」
  • 「2ヶ月で10キロのダイエットに成功!」

みたいな記事をよく見かけますけど(←他人のダイエットブログをよく見ているんです。笑)、肝心の体脂肪率がどれくらい下がったかについては、ほぼ誰もコメントしていないんですよね。

 

ダイエットで体重を落としたいのはもちろん気持ちは分かるのですが、あくまで脂肪が落ちたことによって体重が落ちることに意味があるわけなので、体脂肪率についてもビフォーアフターの数値を比較しないと、ダイエット実践レポートとして成立しないというわけです。

(つまり、体重だけが落ちるダイエット法をマネしても…というわけです。)

 

というわけですので、青汁置き換えダイエットをやる上で「体重」と「体脂肪率」の2点でどれくらい変化があるのかをモニタリングしてみたいと思います!

(私のダンナ、ほどよく体脂肪率も高くてちょうど良い。笑)

 

 

それでは早速、30日間の実践レポートを公開します!

 

(ちょっと意外な結果になりました…)

 

 

【ルール】青汁置き換えダイエットで重視したのは…

 

  1. 青汁を一日一杯以上飲む
  2. 一食丸ごと青汁に置き換えるような無理な食事制限はしない
  3. 間食を控える

 

あんまりルールで縛りを多く作ってもストレスになるだけだと思ったので、最低限の3つのルールだけ決めました。

「青汁置き換えダイエット」なので「ルール1」は当然だと思いますが「ルール2」はちょっと意外かもしれませんね。ダイエットの名前に”置き換え”と入っていますので、どこかの食事を完全に青汁に置き換えるイメージをされる方がいても不思議ではありません。

 

でも、よく考えて欲しいのですが、青汁は要は健康ドリンクですので、飲んでも水とほぼ変わらない満腹感しか得られません。それを食事と完全に置き換えるって、辛くないですか?(私なら無理です…)

実践期間はわずか30日間ですが、それが実践者にとってあまりにも辛いものだったら、そもそも続かないし、仮に良い結果が出たとしても、この記事を読んで「私も青汁置き換えダイエット、やってみよう!」と思った人にとってあまり参考にならないと思うんです。

 

30日間で(私のダンナが)しっかり結果を出すことはこの記事の読者にとって大切かもしれませんが、それ以上に再現可能であることの方がもっと重要であると思いますので、一食丸ごと青汁で置き換えることはやりませんでした。

 

以上を念頭に置いて、この後の記事を読み進めていただければと思います。

 

 

では、ここから実践レポートに突入します!

 

 

ダイエット目的で、主に飲んだ青汁はコレです!

まず、今回の「30日間青汁置き換えダイエット」をする上で選んだメインの青汁はこの5商品です!

 

for-diet_all - image

 

ダイエット期間中、特に銘柄の指定はせず5種類の中から好きなものを飲んでもらいました。

 

for-diet_suntory - image

(サントリー極の青汁)

 

for-diet_egao-mansai - image

(えがおの青汁満菜)

 

for-diet_setagaya - image

(乳酸菌が入った青汁)

 

for-diet_euglena - image

(ユーグレナファームの緑汁)

 

for-diet_taisho - image

(大正製薬の大麦若葉青汁)

 

 

そして、30日間で実際に飲んだ青汁別の数はこのような結果になりました。

for-diet_count - image

 

  • サントリー極の青汁:13杯
  • えがおの青汁満菜:13杯
  • 世田谷食品の乳酸菌が入った青汁:7杯
  • ユーグレナファームの緑汁:3杯
  • 大正製薬の大麦若葉青汁:6杯

—————–

  • 合計:42杯

 

上の【ルール】のところでも書きましたが、「青汁を一日一杯以上飲む」ようにしていたので、日によっては1日に2杯飲むこともあったのでこのような数字になっています。

(1日に飲んだ平均1.4杯という結果でした。)

 

ご覧のとおり飲んだ青汁の数にまぁまぁ偏りが出ていますが、以下はそれぞれの青汁に対するダンナのコメントです。

 

◆サントリー極の青汁

「一番青汁を飲んでいる感じが強くて、なおかつ美味しかった。最後の方になって青汁に飲みなれてくると、これくらいの濃さがないと物足りなくなってきた。」

 

◆えがおの青汁満菜

「野菜不足かな?と思った時に選んでいたのがこれ。1日分の栄養が摂れるってのはやっぱり魅力的だった。他のよりも野菜の感じが強くて飲みやすいけど青汁っぽさはやや弱い。」

 

◆世田谷食品の乳酸菌が入った青汁

「お腹の調子を整えたいときにはやっぱり乳酸菌が必要かなって思って何回か飲んだ。最初はどんな味がするのかと思ったけど、すごく飲みやすかったのが印象的。」

 

◆ユーグレナファームの緑汁

「豊富な栄養素に惹かれて興味深々だったけど…今回飲んだ中では味は一番苦手だった。最初の印象がイマイチだったけど、3回目はそうでもなかった。慣れたらアリかも?」

 

◆大正製薬の大麦若葉青汁

「ダイエットするなら糖質を控えた方がいいって聞いていたので、食事で摂り過ぎたと思った時にこれに頼りました。トクホという安心感があった。」

 

 

上記のコメントと飲んだ杯数は、あくまで私のダンナの感想・好みですので、青汁商品そのものの優越を付けているわけではありませんので、その点はご了承下さいね。

(私がこのサイトで公開しているレビュー結果と結構近いかな?)

 

 

それではいよいよ、これだけの青汁を飲み続けた私のダンナの体がどのように変化したのか、実際のビフォーアフター写真と数値の変化を公開します!

 

 

【実践結果】ビフォーアフターを公開します!

早速ですが、こちらが体型と数値のビフォーアフターです!

before-after - image

 

  • 体重:72.9kg → 68.1kg (▲4.8kg
  • 体脂肪率:23.7% → 21.6%(▲2.1%

 

ご覧のような結果になりました。いかがでしょうか?

 

まず見た目に関してですが、一番目立っていたお腹が凹んで、ウエストまわりを含めて全体的に細くなった(薄くなった?笑)のがお分かりいただけると思います。

それもそのはず、体重が想像以上に落ちて▲4.8kgになりましたから。正直「30日間で5kg以上のダイエットをするとちょっと不健康な気がするから、できれば5kg以内で体重が落ちればいいな」って思っていたんです。そういう意味では、▲4.8kgというのは理想的な数字だったかも?

私のように毎日顔を合わせているとそこまで大きな変化に気付きづらいものですが、改めてこうやって写真で比較してみると「痩せたなぁ」って思いました!

 

そしてもうひとつの重要ポイント!”体脂肪率”ですが、こちらも見事に下がって▲2.1%となりました。体重が落ちたのも嬉しいけど、ちゃんと体脂肪率が下がったことが個人的には嬉しいです。

体重も体脂肪率も下がって初めて、ダイエットに成功したと言えると思っていますので。

 

それでもまだ体脂肪率が20%を超えているので、ダンナにはもうちょっとがんばってもらいたいと思っていますけどね(笑)

 

「体重は順調に落ちたの!?」

結果だけみると非常に順調にダイエットに成功したように見えるかもしれませんが、途中経過は決してそうではありませんでした。

 

こちらが30日間の体重の推移です。

graph30 - image

 

最初の10日間でガクンと体重が落ちて「すごい順調だね!」なんて話していたのですが、そこから約2週間はほぼ横ばいで…。

ダイエットでよく見られる、いわゆる“停滞期”ってやつですね。特に最初が順調だっただけに、体の危機管理機能が働いて体重が落ちなくなりました。そこから粘り強く実践し続けた結果、最後にまた体重が落ち始めて結果的に68.1kgで終了、という流れでした。

 

青汁を使った置き換えダイエットが決して特別なわけではなく、体重の変化の仕方は一般的な他のダイエット法とそんなに変わらないなというのが私が感じた印象です。途中で体重が動かなくなってもあきらめずに続けていれば、また体がちゃんと反応してくれる点がまさにそうですね。

 

今回は極端な食事制限をしたわけでもなく、また青汁を飲みながらのダイエットだったので、ダンナいわく「体重に変化がなくても、体の調子が良かったので苦にならずに続けられた」とのこと。

ここに、ダイエット成功の秘訣が隠されていそうですが、スバリ!ダイエットに成功する“コツ”とは…

 

青汁置き換えダイエット、成功のコツとは?

正直なところ、思っていた以上の結果が出たことに少しビックリしているのですが、ここではダイエット成功のコツを5つ紹介したいと思います!

  1. 食事前に青汁を飲む!
  2. 野菜もしっかり食べる!
  3. 夕食は控えめに!
  4. 置き換えるべきは炭水化物!
  5. ストレスはダイエットの大敵!

 

◆コツ1:食事前に青汁を飲む!

青汁を飲むタイミングですが、これは食事前がベストです。理由は、空腹の状態が一番栄養を吸収しやすいからです。青汁に含まれる栄養はどれも積極的に摂りたいものばかりですので、食事前に飲むのがコツです。

 

◆コツ2:野菜もしっかり食べる!

青汁を飲んでいるとすっかり健康的な生活を送っているように勘違いしがちですが(確かに健康的なのですが)、加工されていない生の野菜からしか摂取できないものもあります。頼りたくなる気持ちも分かりますが、青汁はあくまで”補助”と考えて、しっかり野菜も食べるのがベターです。

 

◆コツ3:夕食は控えめに!

ダイエットですから、どこかで食事量を減らして青汁に置き換える必要があるわけですが、真っ先に控えるべきは夕食です。朝食や昼食よりも食事量を減らしてOKです。特にこれまで「夕食が一番ボリュームがあった」という方は、これをぜひ実践してみて下さい。思った以上に結果が出ますよ。

 

◆コツ4:置き換えるべきは炭水化物!

夕食の中でも特に控えてもらいたいものが”炭水化物”です。それは、炭水化物には”糖質“が多く含まれるからです。成功するダイエットとは、体脂肪を落として体重が落ちるダイエットなわけですが、体脂肪を落とすのに必要なのが「糖質を控えること」なのです。このポイントを知っているだけで、ダイエットの成功率がグッと上がりますよ。

 

◆コツ5:ストレスはダイエットの大敵!

これも見逃してはいけないダイエット成功の秘訣。ストレスを感じたままだと体重が落ちづらくなるってこと、ご存知でしたか?これはただの精神論ではなく、メンタル面がダイエットの成否に影響することが分かっています。ダイエットでは食事(特に甘いもの)を制限することが必要ですので少なからずストレスを感じるものですが、それを最小限に止める”コツ”があります。

 

ダイエット成功のカギを握っていると言っても過言ではない、ストレスを感じないための“最大のコツ”とは…

 

「実は、これが最大の成功ポイントでした。」

30日間置き換えダイエットが無事に成功に終わり、実践内容を振り返っていたときにダンナがふと口にしたことが非常に印象的でした。

 

ダンナ:「間食を●●に変えたのが一番の成功要因だったかも。」

 

と言っていたんですよね。

そして、傍から見ていた私でさえも、納得できる成功要因だと思ったのです。

 

私:「確かにこれを使えば、ダイエットも辛くないし成功率上がるかも…」

 

ダンナが実際にダイエットのためにフル活用し、私も思わず納得してしまった“あるモノ”の正体とは…これです!

 

 

↓   ↓   ↓

 

 

for-diet_kantenjure - image

 

その正体とは、このサイトでも紹介している「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」です!

これを、普段食べているおやつ代わりに食べたんです。

 

 

おやつ代わりに食べ続けたジュレですが、30日間で食べた数はこのようになりました。

for-diet_kantenjure_count - image

 

30日間で39包食べたので、1日平均1.3本食べた計算になりますね。

 

実は、もともと30日分として1箱しか用意していなかったのですが、1日2本食べる日が出てきて途中で足りなくなりそうだったので、ダンナから「ジュレもう1箱買っておいて!」って頼まれたんです。(だから2箱なんです。)

 

私ももちろん食べてレビューしているから分かるのですが、このジュレ、本当に美味しくておやつにしてもOKなレベルなんです。ほどよく甘く、でも甘すぎず、なおかつ青汁っぽさを残していて…と、青汁置き換えダイエットをする上で、これほど適した間食はないなって思うほど。

(今回ダンナが実践してくれて、上手に活用できることを証明してくれましたしね。)

 

そしてもうひとつ、ダイエット中の間食に適している理由としてゼリータイプなのでどこにでも持ち運べていつでも好きな時に食べられることが挙げられます。

私のダンナも、出かける時も必ずジュレを持ち運んで、こんなところで食べていました。

 

scene1 - image

(電車の中ではもちろん…)

 

scene2 - image

(ショッピングモールでも。)

 

scene3 - image

(子供と出かけたアスレチック場でも!)

 

ドリンクタイプの青汁だとこうはいかないと思いますが、ゼリータイプだと持ち運べるので使い勝手がすごく良いです☆

 

 

このジュレには食物繊維が豊富に含まれているので、お腹を満たしてくれる効果を期待できたり、ダイエット中に悩まされがちなスッキリ問題もしっかりサポートしてくれるので、本当にダイエットにピッタリな商品だと思います。

 

太ってしまう原因は主に食事にあるわけですが、先ほど紹介したとおり「ダイエット成功のためにはストレスは大敵!」なわけです。体重を落とすためには甘い物を控えなくちゃいけないことは分かっているけど…でも食べないとストレスが…となりがちですが、このジュレを使えば、どちらの問題も一気に解決できちゃいます。

特に間食で甘い物を食べる習慣がある方は、間食をジュレに変えるだけでダイエットに成功してしまうかも?ですよ!

 

【まとめ】効果的な青汁置き換えダイエットのやり方

最後に、これから置き換えダイエットに挑戦する方のために、”結果を出すための”ダイエット方法の手順をまとめたいと思います。

 

◆Step1:メインとなる青汁を選ぶ!

まずはダイエット期間中に飲む青汁を決めましょう。特におすすめなのは以下の2つです。

recommend_main - image

*さらに飲み続けた結果、結論としては「サントリー極の青汁」がイチオシです!

 

◆Step2:間食を置き換える!

普段間食をする方なら、ぜひこちらのジュレに置き換えてみて下さい。

recommend_snack - image

*いくら食事を置き換えても間食していたら意味がありません。結果を出したいなら、おやつはジュレが絶対おすすめ!

 

◆Step3:あとは実践あるのみ!

あとはルールを決めて実践あるのみですが、以下の点に注意して欲しいと思います。

  1. 長期間だらだらやらない(精神的に疲れるので、最初に期間を決める。)
  2. 無理な置き換えはやらない(夕食の炭水化物を優先的に青汁に置き換える。)
  3. 日々の小さな数値の変化を楽しむ(いきなり数値は落ちません。毎日の積み重ねが大事。)

 

 

私のダンナは30日間限定という短い期間でしたが、その代わり毎日青汁を1杯以上飲むことと、間食をジュレ以外は食べないことを徹底して、

  • 体重:▲4.8kg
  • 体脂肪率:▲2.1%

という結果を出しました。

個人差あるとは思いますが、誰でも「やればデキる!」のが置き換えダイエットですので、ぜひ青汁を上手に活用してチャレンジしてみて下さい!

 

この記事を書いた人

7752e1f115ed0ac7ca906af67620cd8e - image
りんママ(管理人)
出産後、急に健康志向が強まり以前から興味のあった青汁を愛飲中。納得いくまで色々試すこだわり派であり、誰よりも「青汁を選ぶ難しさ」を感じているつもり。日本一青汁を飲み比べた主婦(?)として、自分の経験が誰かの役に立てばと思い「青汁のソムリエ」を立ち上げる。青汁最高!

▲ページトップに戻る